2021年プロ野球順位予想(パリーグ編)

野球

先日、筆者の友人の2021年のプロ野球順位予想のブログを更新しました。

こちらのブログを見ることで野球ファンの順位予想を知れます。

*選手、投手の敬称は省いております。ご了承下さい。

2021年プロ野球順位予想

今回は筆者の順位予想です。

筆者は小学校、中学校6年間野球をしていて、今もPayPayドームに年7回(2020年はコロナのため行けませんでした。)ほど野球観戦に行く野球好きで、趣味は野球漫談です。

こちらのブログは野球ファンの楽しみである順位予想です。

あくまでエンターテイメントみたいなもので、面白おかしく見て下さい。

1位、楽天

ホークスファンの筆者ですが、今年の楽天は強いと思う。

まず、何と言ってもマー君こと田中将大加入が大きい。負けない投手。

また、則本昂大、岸、涌井秀章とエース級がズラリ。加えてルーキーの早川。

右ばかりの先発陣に左の早川加入のバランスは良い。

松井裕樹がクローザーにまわることで、森原もセットアッパーもバランスが良い。

昨年は前半良かったが投手陣の崩壊によって順位を落としたが絶対的エース田中将大の加入と松井裕樹のリリーフ転向は大きい。

打線ではロメロの退団は大きい。

鈴木大地が昨年ほどの活躍が出来るか未知数。

浅村栄斗は今年も打ちまくりそう。

昨年経験を積んだキャッチャーの太田が田中将大に更に育ててもらえそう。

キーマン・・・涌井秀章

昨年のように二桁勝てるようだと楽天ペース。

ただ、涌井秀章は2年続けて勝ってるイメージが少ない。

2位、ソフトバンク

1位、2位は大差はなし。

千賀滉大、石川、和田毅、東浜巨と楽天に負けないくらい先発陣は充実。

リリーフ陣のモイネロ、嘉弥真、森唯斗は今年も磐石。

プラスで復活した岩嵜翔、杉山とリリーフは沢山いるので、入れ替えがきく。

野手の不安材料は今宮健太、ケガが多く今年もどれくらい試合に出れるか。

実質2年目の栗原が昨年ほどの活躍ができるか。

柳田悠岐が故障などで離脱すると得点力がかなり落ちるので、柳田悠岐が1年間1軍に居れるかどうかは非常に重要。

昨年、苦しみながらも投手陣を支えた甲斐拓也の存在は大きい。

甲斐拓也が離脱するようなことがあれば、Bクラスもありえる。

キーマン・・・甲斐拓也

甲斐拓也が離脱すると磐石なリリーフ陣も崩壊の可能性があり得る。

甲斐拓也が1年間1軍でマスクをしっかりかぶるだけで大きい。

3位、西武

昨年は優勝を逃したが2年連続リーグ優勝した力は申し分ない。

特に後半上げてきただけに、噛み合いだしたら手がつけられない。

山川穂高、森友哉、源田壮亮の3人は今年はやってくれるはず。

特にキャプテン源田壮亮は結婚もしてより気合いが入ってるはず。

ルーキーの渡部は中村剛也、山川穂高と西武の右強打者の系譜をしっかり継承して、活躍の足掛かりを。

投手陣の不安を囁かれる西武だが、そんな中で増田達至の残留は大きい。

昨年大活躍の平良もいるだけに、先発がいかに試合を作ってリリーフに繋げるかがポイント。

キーマン・・・今井、高橋の両先発投手。

元々力のある二人で二桁勝てる能力はある。

二人が二桁勝てるようだと優勝争いに割って入れる。

4位、ロッテ

昨年は2位と大健闘だったが、何より貧打をどうにかしないと勝つのは厳しい。

新外国人のエチェバリアがショートしての守備力がどれくらいかは重要。

セカンド中村、サード安田がいるのでショートを埋めたい。

清田育宏も不透明なため若手の底上げが必要。

荻野はとてもいい選手だが、ケガ持ちでフルで出るのはキツイ。

昨年途中加入の澤村拓一がバシッとハマってただけに、移籍は辛い。

キャンプで松中信彦が安田や藤原などの左バッターに教えてので、モノにした時は凄い。

石川歩、二木、種市、美馬と核になる先発はいるので、左の小島あたりが出てくると面白い。

キーマン・・・エチェバリア。

内野がレギュラーがある程度決まってるので、高い守備力と2割8分くらい打ってくれたら、得点力がアップするので、脅威。

Aクラス争いに割って入れそう。

5位、オリックス

個々の選手は超1級品。

山岡泰輔、山本由伸、田嶋大樹、吉田正尚がいかにチームを引っ張れるか。

どうしても勝ち慣れしてないので、4人を中心に泥臭く野球をやれば勝ちに繋がるはず。

若手に活きのいい面白い選手は沢山いるので、勝ち出したら勢い出そう。

増井浩俊の先発転向は大きい。

リリーフより先発の方が楽に投げてて、ローテーションを守れたらチームにはかなりプラス材料。

また、2年目の宮城も昨年終盤にいいピッチングをしてだけに、今年結果が欲しいところ。

今年加入のロメロが昨年並に活躍してくれたら、吉田正尚の負担が軽減。

キーマン・・・山本由伸。

絶対的エースなのは誰もが知っているが、ローテーション上相手エースと当たることも多く、チームもなかなか点を取れないだろうが、我慢が必要。

打線がエースに勝ちをつけると奮起し、15勝くらい勝てたらオリックスが台風の目になり得る。

6位、日本ハム

なんといっても有原航平の移籍は大きい。

有原航平の移籍によりルーキー伊藤大海はクローザーから先発の可能性も。

ルーキーに頼らないといけないことが辛い。

ケガから回復した上沢に頼らないといけないのも不安材料。

誰かが嬉しい誤算でローテーションを守れ投手が出てきて欲しいところ。

野手は西川遥輝の残留は大きい。

西川遥輝、中田翔、近藤健介、大田泰示とレギュラーはしっかりしてるので、まずはケガをしないこと。

若手の底上げが少ない感じ。

昨年いいスタートを切った野村を今年は我慢してでも育てて欲しい。

個人的にはサニブラウンに勝った五十幡に期待。

西川遥輝の残留により出番は少ないかもしれないが、チャンスをモノにして欲しい。

キーマン・・・清宮幸太郎。

同級生のヤクルト村上やロッテ安田の活躍により焦りはあるはず。

もう後がない。

日本ハム浮上には清宮幸太郎の覚醒が不可欠。

1軍に1年間いてホームラン20本以上は欲しいところ。

そうすると打点もついてくるはず。

まとめ

以上が筆者の順位予想となります。

野球が行われることを感謝しつつ贔屓球団を応援したいと思います。

先日の友人の予想と合わせてシーズン終了後には答え合わせもしたいですね。

是非、みなさんの予想も聞かせて下さい。

筆者のセリーグ予想

選手名鑑を見ながら行いました。

福岡市博多区で鍼灸院やってます。
34歳で2児の父です。
2016年3月産まれの娘と2020年2月の息子。
小中と野球部所属。高校では団体競技を諦めて陸上競技部の400メートルを専門に!
400メートルのベストは50秒50で北九州大会出場。
スポーツトレーナーになりたく鍼灸師を目指し香川県の専門学校へ!
学生時代に高知に素晴らしい鍼灸師がいる事を知り、高知県へ修行に行く!
修行は5年間。経絡治療と散鍼を学ぶ。
九州に戻り鍼灸院を開院!
今は娘の運動会でカッコよく走るために日々ランニングを継続し、8kgのダイエットに成功。
鍼灸師目線の健康情報、日々のランニングについて、お金の情報、子供と共に成長するパパの記録を更新していきます!

まぜパパをフォローする
2021年プロ野球順位予想(セリーグ編)
2021プロ野球順位予想
2021年プロ野球順位予想(パリーグ編)
リベ大の両学長の動画を見て、年金保険を解約
鍼灸の皮膚鍼、散鍼について

コメント

  1. […] […]

  2. […] […]

タイトルとURLをコピーしました