【東洋医学・鍼灸】暑い夏にはゴーヤやニガウリを食べよう

鍼灸
少年
少年

最近、暑いんだけど健康に過ごす方法はないの?

今回はこちらの少年のお悩みを解決していきたいと思います。

こちらのブログを見ることで開業8年の鍼灸師が夏に食べた方が良い食べ物を徹底解説していきますので、是非最後までお付き合いください。

夏に食べた方が良い食べ物とは?

夏に食べた方が良い食べ物はゴーヤニガウリなどの苦い食べ物です。

何故かと言いますと、東洋医学的に夏は「心(しん)」が支配しております。

その心を養うのが「苦」です。

分かりやすく言えば苦い食べ物です。ふ

苦い食べ物を食べる事によって心が養われるのです。

筆者が思い付く苦い食べ物はゴーヤニガウリくらいです。

なかなか苦い食べ物ないですよね。もし思い付く方いましたら教えて下さい。ちなみに、コーヒーの苦味は違いますので、お気をつけて下さい。

苦い食べ物を食べないとどうなるの?

夏にゴーヤニガウリなどの苦い食べ物を食べないと夏バテになります。

夏は心が主に働く季節なのですが、心を養う苦い食べ物を食べないと心が養われません。

心が養われないと、わかりやすく言うと身体が疲れた状態になります。

この状態が所謂夏バテなのです。

夏にした方が良いこと、悪いこと

夏にした方が良いことは分かりやすく言うと身体を冷やさない事が大事です。

  • 冷たいアイスやジュースばかり摂取しない。
  • 靴下をはく。
  • シャワーばかりでなく湯船に浸かる。

上記3点はどれも身体を冷やします。夏の不摂生などの祟りが冬の症状として出ることが非常に多いです。

まとめ、感想

以上のように夏にゴーヤニガウリなどの苦い食べ物を食べる事で夏バテの予防となります。

そのため、沖縄県の方々はゴーヤチャンプルーを食べて心を養って夏バテ予防をしているのです。

皆さんもゴーヤニガウリを食べて、暑さに負けない身体作りをしましょう。

過去にも東洋医学的に食べ物のお話を書いてますので、良かったら見て下さい。

福岡市博多区で鍼灸院やってます。
34歳で2児の父です。
2016年3月産まれの娘と2020年2月の息子。
小中と野球部所属。高校では団体競技を諦めて陸上競技部の400メートルを専門に!
400メートルのベストは50秒50で北九州大会出場。
スポーツトレーナーになりたく鍼灸師を目指し香川県の専門学校へ!
学生時代に高知に素晴らしい鍼灸師がいる事を知り、高知県へ修行に行く!
修行は5年間。経絡治療と散鍼を学ぶ。
九州に戻り鍼灸院を開院!
今は娘の運動会でカッコよく走るために日々ランニングを継続し、8kgのダイエットに成功。
鍼灸師目線の健康情報、日々のランニングについて、お金の情報、子供と共に成長するパパの記録を更新していきます!

まぜパパをフォローする
プロ野球2021セ・パ交流戦順位予想と日程
2021年プロ野球順位予想(セリーグ編)
2021プロ野球順位予想
2021年プロ野球順位予想(パリーグ編)
リベ大の両学長の動画を見て、年金保険を解約

コメント

タイトルとURLをコピーしました