2021ドラフト会議パ・リーグ指名予想

野球
野球少年
野球少年

10月11日にドラフト会議あるけど、どの球団がどんな選手を指名するかわかるなら教えて!

今回はこちらの野球少年のお悩みを解決していきたいと思います。野球大好きな筆者が12球団がどんな選手を指名するか予想していきますので、是非最後までお付き合いください。

セ・リーグ編はこちら!

2021プロ野球ドラフト会議パ・リーグ指名予想

10月11日はドラフト会議の日ですね!
前回までのブログに引き続き、今回は12球団のドラフト1位予想、そして筆者的にこの選手を指名した方が良いと考える選手を書いていきます。

福岡ソフトバンクホークス


4年連続で日本一になった名門・ホークスです。
今年は怪我などによる離脱が相次ぎ、苦戦を強いられましたが総合力は12球団1位なのは揺るぎないでしょう。
育成選手が最も台頭しているチームでもあり、ホークスは育成ドラフトこそが本番と揶揄されるチームでもありますが、やはり即戦力は欲しいところですね!

予想
隅田知一郎(西日本工業大)
九州出身の大型左腕投手です。
貴重な大型左腕投手であり、地元ということも相まってホークスが特に狙うこと間違いなしでしょう。
チェンジアップが武器で、三振の取れる選手です。

筆者予想
隅田知一郎
同上です。
他には福岡出身の三浦銀二(法政)も注目の一人でしょう。
三浦は多彩な変化球を織り交ぜた投球術を持ち合わせています。

千葉ロッテマリーンズ


昨年は2位、今年も好調のロッテです。
しかし、どうにも手薄な状況は否めないです。
今年も左腕を狙いたいところでしょうか。
他には遊撃手と捕手の補強も急務といったところです。

予想
佐藤隼輔(筑波大)
西日本工業大・隅田と双璧をなす大学の即戦力左腕です。
昨年も早川隆久を1位指名、外れ1位も鈴木昭汰を獲得するなど、左腕の補強が急務なのはロッテ側も把握しています。
コーナーを突ける制球力が大きな武器です。

筆者予想
古賀悠斗(中央)
ロッテは田村龍弘の後継者も急務だと考えています。
中日から加藤匠馬をトレードで獲得したとは言え、それでも即戦力のキャッチャーは欲しいと言えるでしょう。
キャッチャーも欲しいですが、とはいえやはり欲しいのは即戦力左腕でしょうか…

埼玉西武ライオンズ


昨年は3位だった西武です。
昨年では7人中5人が野手でした。そのため、今年は投手を補強したいところです。
西武は伝統的に、パワーピッチャーは多いですが、精彩に欠け、不安定な選手が多いです。
今年はピッチャーを取りたいところでしょう。

予想
佐藤隼輔(筑波大)
西武が最も欲しいであろう制球力の高い左投手です。
若手野手陣の不足は解消気味なので、即戦力のピッチャーが急務です。
隅田も魅力的ですが、前述の通りパワーピッチャーが多いので佐藤と予想します。

筆者予想
風間球打(明桜高校)
最速157km/hを誇る高校ナンバーワンのパワーピッチャーです。
将来のエース候補として魅力的な素材と言えるでしょう。
前述の佐藤との評とは矛盾しているが、それだけ風間には素材として、将来の魅力が高いと言えます。

東北楽天ゴールデンイーグルス


伝統的に投手の指名が非常に多い楽天です。
先発投手はベテランが多く、若い選手の台頭が求められます。
また、楽天には左打者が多いので右打者の獲得も求められると言えます。

予想
風間球打(明桜高校)
若いピッチャー、つまり高卒のピッチャーが求められます。
そこで候補の筆頭に挙がるのが風間です。
東北出身でもあり、楽天とは相思相愛の関係にもなれると思われます。

筆者予想
風間球打
同上です。若く、早めに戦力となるピッチャー。2年後、遅くとも3年後くらいには戦力になることが要求されるでしょう。
他には高校ビッグ3である小園健太(市立和歌山)、森本大智(高知高)も十分候補として入るでしょう。
仮に彼らがドラフト1位に選ばれなかった場合は獲得を狙いたいところです。

北海道日本ハムファイターズ


若手の育成に定評のある日本ハムです。
歴代ではダルビッシュや大谷と言った超大物を一本釣りしており、話題性にも定評があります。
本拠地が札幌ドームなのもそうですが、それを差し引いても今年は本塁打数が少ないです。
加えて、中田翔の移籍により、長打力不足が深刻です。

予想
前川右京(智弁学園)
高校ナンバーワンの野手です。
高校生を中心に獲得する日本ハムの方針とも合致します。
左打者でありながら甲子園でホームランを打てる打力は非常に魅力的です。

筆者予想
正木智也(慶應)
日本ハムの長打力不足は深刻です。
即戦力の大砲がとにかく欲しいところでしょう。
そこで候補に上がるのが正木です。開幕4番も十分ありえるでしょう。

オリックスバッファローズ


昨年は最下位に終わったものの、今年は中々調子の良いオリックスです。
オリックスはセンターラインの補強がしたいところです。
他にも長打力のある野手が欲しいところでしょうか。

予想
池田陵真(大阪桐蔭)
大阪桐蔭のキャプテンです。
オリックスは池田の地元でもあります。
小柄だが長打を打つ能力があり、オリックスの補強ポイントと合致すると言えましょう。

筆者予想
達孝太(天理)
長身が武器の素材型選手です。
オリックスはリリーフがどうにも固まらず、37歳の平野佳寿に頼らざるを得ないので、数年後のリリーフエースを見越した選手の獲得をしたいところです。
個人的に白羽の矢が立つのが達です。

まとめ

パ・リーグのドラフト1位予想は以上です。ドラフト1位で指名される選手は12人しかいません。ただ、入ってからはみんな横一線のスタートになります。この中から未来のスターが現れるのを期待しています。

みなさんの予想も是非聞かせて下さい。

今回はこちらの雑誌を参考にしています。

パ・リーグの試合を見るなら楽天TVパ・リーグスペシャルがオススメです。

福岡市博多区で鍼灸院やってます。
34歳で2児の父です。
2016年3月産まれの娘と2020年2月の息子。
小中と野球部所属。高校では団体競技を諦めて陸上競技部の400メートルを専門に!
400メートルのベストは50秒50で北九州大会出場。
スポーツトレーナーになりたく鍼灸師を目指し香川県の専門学校へ!
学生時代に高知に素晴らしい鍼灸師がいる事を知り、高知県へ修行に行く!
修行は5年間。経絡治療と散鍼を学ぶ。
九州に戻り鍼灸院を開院!
今は娘の運動会でカッコよく走るために日々ランニングを継続し、8kgのダイエットに成功。
鍼灸師目線の健康情報、日々のランニングについて、お金の情報、子供と共に成長するパパの記録を更新していきます!

まぜパパをフォローする
プロ野球2021セ・パ交流戦順位予想と日程
2021年プロ野球順位予想(セリーグ編)
2021プロ野球順位予想
2021年プロ野球順位予想(パリーグ編)
リベ大両学長のYouTubeを見てブログを始めた筆者、ブログの始め方は?

プロ注目選手を記載したブログ記事。

コメント

  1. […] […]

  2. […] […]

タイトルとURLをコピーしました