鍼灸の子牛治療について

鍼灸

このブログを見ることで子牛治療についてわかることができます。

筆者は鍼灸師で独立して8年になる経絡治療家です。

子牛治療について

子牛治療は経絡の旺気時を午前と午後で組み合わせた治療法のことです。

経絡の流注は、手の太陰肺計から始まり、足の厥陰肝経にとおり、再び肺経に帰り、環の端なきが如く運行しています。

この十二経絡を一日に配当すると二時間ずつで一周しており、この時間による経絡の旺気時を結ぶ治療が子牛治療となります。

子牛治療の例

例えば、右上歯が痛む場合、上歯は胃経の流注なので「胃経ー心包経」の子牛となります。

左の心包経の内関穴に反応があれば金円鍼を当てたり、施灸をしたりして施術を行います。

まとめ

覚えるまでは大変かもしれませんが、覚えたら案外楽です。

覚えて、普段の施術の幅を広げてみて下さい。

にほんブログ村←応援お願いいたします。

福岡市博多区で鍼灸院やってます。
34歳で2児の父です。
2016年3月産まれの娘と2020年2月の息子。
小中と野球部所属。高校では団体競技を諦めて陸上競技部の400メートルを専門に!
400メートルのベストは50秒50で北九州大会出場。
スポーツトレーナーになりたく鍼灸師を目指し香川県の専門学校へ!
学生時代に高知に素晴らしい鍼灸師がいる事を知り、高知県へ修行に行く!
修行は5年間。経絡治療と散鍼を学ぶ。
九州に戻り鍼灸院を開院!
今は娘の運動会でカッコよく走るために日々ランニングを継続し、8kgのダイエットに成功。
鍼灸師目線の健康情報、日々のランニングについて、お金の情報、子供と共に成長するパパの記録を更新していきます!

まぜパパをフォローする
2021プロ野球順位予想
2021年プロ野球順位予想(セリーグ編)
2021年プロ野球順位予想(パリーグ編)
リベ大の両学長の動画を見て、年金保険を解約
鍼灸の皮膚鍼、散鍼について

コメント

タイトルとURLをコピーしました