プロ野球ドラフト会議を振り返る!セ・リーグ指名選手

野球

こんにちは。10月11日はドラフト会議でした。
ドラフトと言うのはこれからのチームの未来を担う大事な日です。
即戦力を獲得するのか、高校生や素材型を獲得し、将来志向で行くのか、何年後に大きく差が出ます。
今年のドラフトを振り返りましょう。
続いて、セ・リーグです。前回のパ・リーグ編を見られてない方は是非、そちらもあわせてご覧ください。

東京ヤクルトスワローズ


1位 山下輝 投手 法政
2位 丸山和郁 外野手 明治
3位 柴田大地 投手 日本通運
9月になってから絶好調で最終的に余裕で優勝しそうなヤクルトです。
1位・山下は巨体が武器の何でもできる左腕。先発からリリーフまで何でもこなせられそうです。
2位・丸山は俊足が武器の選手です。既に大ベテランの青木の後継者でもあると予想します。
3位・柴田は怪我がちが心配ですが、豪腕が武器の選手です。リリーフの柱として期待できそうです。
投手中心の指名となったヤクルト。投手陣の薄さを補強しつつ、将来の懸念を埋めるドラフトとなりました。

阪神タイガース


1位 森木大智 投手 高知高
2位 鈴木勇斗 投手 創価大
3位 桐敷拓馬 投手 新潟医療福祉大学
優勝候補としてヤクルトと一騎打ちをしている阪神です。
1位・森木は高校ビッグ3の一人。阪神で高知と言えば藤川球児を連想させます。また、高卒の若い右投手が不足気味のため、その意味での指名もあったと予想されます。
2位・鈴木は最速152km/hを誇る左腕です。イニングを稼げる投手であり、先発の素質は十分です。
3位・桐敷はこれまた左の即戦力です。先発、リリーフどちらも手堅くいけるでしょう。
なお、4位には高校ナンバーワンスラッガーと名高い前川右京(智弁学園)を獲得しています。
総じて手堅いドラフトと言えましょう。

読売ジャイアンツ


1位 翁田大勢 投手 関西国際大
2位 山田龍聖 投手 JR東日本
3位 赤星優志 投手 日本大
9月になってから失速気味のジャイアンツです。
1位・翁田は右のサイドスロー気味の変則フォームが武器の選手。そこから繰り出される150km/hが武器です。
2位・山田は荒削りが魅力の選手です。イニングを稼げる左の鉄腕で、即戦力としても十分です。
3位・赤星は世代屈指のコントロールを誇る選手です。2位の山田とは対となる選手を指名したと言えます。
総じて、投手中心の指名となった巨人。ここ最近の巨人のトレンドである投手力で守り勝つ野球を目指したドラフトと言えるでしょう。

広島カープ


1位 黒原拓未 投手 関西学院大
2位 森翔平 投手 三菱重工West
3位 中村健人 外野手 トヨタ
今年はくじの競合となり、負けてしまったカープです。
1位・黒原、2位・森は共に左腕の即戦力です。広島は伝統的に左腕が不足しているのでその解消としての指名だと思われます。
ちなみに、1位の黒原は広島のイメージに「広島焼き」と答えるなど、やや天然なところもあるようです。ヒーローインタビューも楽しみですね。
3位・中村は勝負強さが持ち味の外野手です。鈴木誠也の後継者でもあると思われます。
なお、トヨタ所属のため、栗林とは再び同僚となりました。
左腕の獲得が急務だった広島。左腕と右打ちの外野手の両取りに成功しました。

中日ドラゴンズ

写真はホークス戦に行った時に今宮選手のサインボールをキャッチしました。


1位 ブライト健太 外野手 上武大
2位 鵜飼航丞 外野手 駒澤大
3位 石森大誠 投手 火の国サラマンダーズ
とにもかくにも野手、特に外野手が急務だった中日。無事にブライトの獲得に成功しました。
1位・ブライトは俊足強打の右打ちの外野手。中日一番の補強ポイントです。
2位・鵜飼も右の大砲。補強ポイントを理解した上での獲得となりました。
3位・石森は豪腕が武器の左腕です。リリーフの即戦力として期待したいです。
懸念されていた外野の強打者を獲得した中日。
福留(44歳)、大島(36歳)、平田(34歳)と既に全員大ベテラン。その後釜となりえる指名でしょう。

横浜DeNAベイスターズ


1位 小園健太 投手 市立和歌山高
2位 徳山壮磨 投手 早稲田大
3位 粟飯原龍之介 内野手 東京学館高
小園の競合に成功したDeNAです。DeNAと言えば左腕の即戦力ですが、今年は高卒の右腕の指名となりました。
1位・小園は左腕が多めだが右腕が少なくなりがちなDeNAと合致した指名となりました。将来のエース候補です。
2位・徳山はコントロールの良さが武器の選手です。小園が右腕の素材型なら徳山は右腕の即戦力といった補強でしょうか。
3位・粟飯原は高校屈指のショートです。DeNAのショートには森敬斗が台頭しつつありますが、競わせるのか、長打力を活かしコンバートさせるのか楽しみです。
今年は高卒中心のドラフトとなったDeNA。今年は現在のところ最下位で残念な結果となりましたが、数年後を見据えた指名となりました。

まとめ

セ・リーグのドラフト上位はこんな感じとなりました。
どのチームもドラフト1位は一番の補強点、懸念点となりました。
冒頭にも書きましたが、ドラフトの成否はチームの将来に大きく直結します。
この中からチームの顔が出てくると考えるととても楽しみですね!

福岡市博多区で鍼灸院やってます。
34歳で2児の父です。
2016年3月産まれの娘と2020年2月の息子。
小中と野球部所属。高校では団体競技を諦めて陸上競技部の400メートルを専門に!
400メートルのベストは50秒50で北九州大会出場。
スポーツトレーナーになりたく鍼灸師を目指し香川県の専門学校へ!
学生時代に高知に素晴らしい鍼灸師がいる事を知り、高知県へ修行に行く!
修行は5年間。経絡治療と散鍼を学ぶ。
九州に戻り鍼灸院を開院!
今は娘の運動会でカッコよく走るために日々ランニングを継続し、8kgのダイエットに成功。
鍼灸師目線の健康情報、日々のランニングについて、お金の情報、子供と共に成長するパパの記録を更新していきます!

まぜパパをフォローする
プロ野球2021セ・パ交流戦順位予想と日程
2021年プロ野球順位予想(セリーグ編)
2021プロ野球順位予想
2021年プロ野球順位予想(パリーグ編)
リベ大両学長のYouTubeを見てブログを始めた筆者、ブログの始め方は?

コメント

タイトルとURLをコピーしました