補助輪をなしで自転車に乗りたいなら補助輪をつけないで

子供の成長記録

以前もブログでもご紹介しましたが、お子様が早く補助輪なしで自転車乗りたいなら補助輪をつけるのはやめましょう。

補助輪をつけて練習すると補助輪に頼りなかなか上達しません。

へんしんバイクやストライダーでバランス感覚を養ってからだと、自転車移行も早いです。

実際、筆者の娘はへんしんバイクでバランス感覚を養ったので4歳で自転車に乗れるようになりました。

写真は娘がへんしんバイクで練習してるとこです。

最近、補助輪をつけて練習しててなかなか乗れてない子を見たので、またご紹介となっております。

世の中のお父さん、お母さんに知ってもらえたら嬉しいです。

にほんブログ村

福岡市博多区で鍼灸院やってます。
34歳で2児の父です。
2016年3月産まれの娘と2020年2月の息子。
小中と野球部所属。高校では団体競技を諦めて陸上競技部の400メートルを専門に!
400メートルのベストは50秒50で北九州大会出場。
スポーツトレーナーになりたく鍼灸師を目指し香川県の専門学校へ!
学生時代に高知に素晴らしい鍼灸師がいる事を知り、高知県へ修行に行く!
修行は5年間。経絡治療と散鍼を学ぶ。
九州に戻り鍼灸院を開院!
今は娘の運動会でカッコよく走るために日々ランニングを継続し、8kgのダイエットに成功。
鍼灸師目線の健康情報、日々のランニングについて、お金の情報、子供と共に成長するパパの記録を更新していきます!

まぜパパをフォローする
2021プロ野球順位予想
2021年プロ野球順位予想(セリーグ編)
2021年プロ野球順位予想(パリーグ編)
リベ大の両学長の動画を見て、年金保険を解約
鍼灸の皮膚鍼、散鍼について

コメント

タイトルとURLをコピーしました